腎不全

2019.11.27

こんにちは!そしてこちらのブログでの登場は、はじめましてです。

つい最近実家に帰りました。というのも、腎不全で闘病中の家族のボロニーズ犬に会うためです。
ボロニーズ??と思われたそこの方。あえて例えるなら、マルチーズとビションフリーゼの中間のような犬種でしょうか (マルチーズ、ビションフリーゼ、そしてボロニーズファンの皆様申し訳ございません…)。

話は戻りますが、先日行われた飼い主様向けセミナーのテーマの一つでもあった「腎不全」は、以下のようないくつかの発見のサインがある場合があります。

・食欲が落ちてきた(実家のボロニーズはこれが一つのサインでした)。
・体重が落ちてきた。
・最近吐くことが増えた。
・おしっこの色が薄くなり、量が増えた。併せて、飲水量も増えた。

もちろんこれらは一部に過ぎないですし、他の病気のサインであったり、急激に症状が進行したりする場合もあります。

様々な病気に共通して言えるのですが、どんな些細なことであってもそれが病気のサインであることがあります。
普段一緒に過ごしている飼い主様から見て、少しでもいつもと異なることがありましたら、まずはお気軽にスタッフにお訊ねください!

20191127腎不全で闘病中の家族のボロニーズ犬

獣医師 K.O