2020年

過去のひとりごと

湘南新宿ライン グリーン車2020.2

先日、新宿からグリーン車に入り、すわったところ女性の車掌さんがひとりの女性のお客さんにずっと大宮まで謝っています。

なにしろ、自分が並んでいたのに先に裏のお客さんにのられたのがおかしいというクレーム。しかも、車掌交代があった新宿よりその前の話しだそうです。

「もういいではないですか、、、こうやってすわれているのでしょ。車掌の仕事だってできないでしょ。当事者ならわかるけど!」と一喝したら僕に今度はイカリがおさまらない様子。他のおじさんが協力してくれて女性のお客さんはだまりましたが、イカリのスイッチが入ってしまった人はもう大変です。

約1週間に1回に大学へ行くのに電車にのるだけでこんなことがあるのだから、あらためて毎日会社へ通勤している人の大変さが身にしみた出来事です。その日から、僕は外出時に裏を見て、その女性の方がついてきていないか、確認をするようになりました笑!!

院長

新年のごあいさつ2020.1

新年あけましておめでとうございます。
今年もかわらず、犬猫の病気と戦って行きます。どうぞよろしくお願いします。

昨年は、新規でセカンドオピニオン、手術等の依頼が1000件という数でした。
これは、すごい数で字ファイの流れを感じます。昔は、「ノミの予防した方がいいですよ。」と言うとそんなのやる必要ないと言い返されたものです。
また大学病院までは、、、と思っている方が多いと感じました。大学では数週間待つことが多いからです。ぼくの病院の立場は地域で大切です。

ただ残念なことに、「院長が全て診察」が難しくなってきているという側面があります。幸い、やる気満々の若者が育ってきています。力強い戦力です。
全てを治せるわけではありませんが、気合を入れてがんばります。

院長